bazilの今日の出来事あれこれ
子育てや友達づきあいのなかでみつけたふっと笑えることやかんがえさせられたことを書きます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


進化するbazilの模様替え
模様替えに凝ってます。

ソファの位置を120度くらい変えてみたり
壁にIKEAの飾り棚取り付けてみたり
長女がリビングで広げる勉強道具のスッキリ収納を考えたりとか。

日々、どこかが変わっています。

いま、玄関入ってすぐの収納部屋…納戸??の
究極のカスタマイズを考案中。

近いうち、超機能的収納部屋に変えてみたいbazilでした。
スポンサーサイト


キャベツでダイエット
亭主が昨年末からダイエットを始めました。

ヘルペスが原因でかかった病院での血液検査の結果で
お医者さんにお説教をされたからです。

いわゆる糖尿病予備軍。
このまますきなだけ食べてたら、10年後は透析してるよ!と
ハッパかけられて、やっと、はっと思ったようです。

で、毎日ご飯の前に山盛りてんこもりキャベツの千切りを食べて
ご飯はお茶碗1杯だけ食べるようになりました。

毎日てんこもりキャベツ食べるから、
この葉物野菜が高い季節にはつらいです。

ご飯が1杯だけしか食べられないから、キャベツでおなかいっぱいに
なりたいと思ってるから、キャベツに対する愛情ハンパないです。

イモ類も炭水化物ってやつなんですよね。
だから、イモがおかずだと、ちょっと少なめに食べる。
ちょっとだけかわいそう。

千切りキャベツは、私が切ると量が少なめに作るので
亭主本人が自分で作りたがります。

でも、切るのに夢中なのか、食べることに気がせいているのか
千切りした後のキッチンがハンパなくきたないです。
あたり一面に千切りキャベツの木っ端がはりついています。

掃除するのに、はりついているからすんごい面倒です。

で、亭主はというと、2ヶ月ほどで2キロ程度やせました。

いまいちすごい成果が小さいのは
やっぱりキャベツの食べすぎかな?

今朝、数百グラムリバウンドした!と騒ぐので
息子にキャベツも食いすぎると意味無いんじゃね?と
指摘されていました。

ダイエット日記の続きは次回までのお楽しみ!



軍手で掃除
年末からのちょこちょこ掃除で目覚めたのが
軍手で掃除すること。

冬場の部屋の中は、ウールやらフリースやら着るせいで
わた状の埃がすぐにたまるものです。

せっかちな私はモップだの雑巾だのといろいろ持ちかえて掃除するのが
面倒に感じてました。

手だって、掃除してるうちに水分うばわれて、ひびわれてくるし。

で、軍手はめてモップ持っていろいろ拭いていたのですが、
ふいに思い立ってモップじゃなくて、直接・・・
直接軍手でいろんなところをなでまわしてみました。

ただ、手でなでまわすだけ。

飾り棚をなでまわし、壷やらカップまでもなでまわし、
ランプシェードもなでまわす。

あらまあ、軍手って、静電気も起きないのね。細かいところまで指で掃除できるし。

たちどころに気になる埃を撃退です!!
繰り返し洗えて、なんて便利!!

bazilもカリスマ主婦~♪ってかんじ?? もうやってる人多いかなあ。

埃も時間がたつと油やいろんな汚れと合体するでしょ?

合体する前に撫で回しておくと、黒くてきたない汚れになりません。
ふわふわのわた埃のうちなら、軍手も真っ黒になりません。

なでるだけって素敵~♪


元旦スキーとソフトクリーム
年々、冬休みが短くなってる気がするのですが、
みなさん、いかがお過ごしだったでしょうか。

bazilは30日まで仕事で、あんまりお掃除が
できてません。

それでも、鏡餅飾ったり、玄関を掃除したりして、なんとか。

さて、娘が中学生になってからのbazil家での正月恒例になりつつあるのが、
元日からの1泊スキーです。

年末年始も部活がある娘を気遣っていたら、スキーに行きそびれないとも限らないので。

元日は東京で久々の地震だったようですね。(自宅のミニカーが床に転落してたし)
長野のスキー場は、おそらく揺れなかったようです。

そこそこの晴天だったのだけど、リフトに乗ってる間の
強烈に染み込む冷えには、bazilも凍りそうでした。

息子とがんがん滑ってあったまり、リフトで凍り・・・
昼ごはんは、息子はきつねうどん、私はモツ煮込みを食べて
あったまりました。

さて、少しあったまるとレストランの壁のそこかしこに
おいしい○○牧場直送まきばソフト!!的なポスターが気になります。

店に入ったときは、全然ソフトクリームなんてっ!という気持ちでいましたが
心も体も温まると、つい、ソフトクリームもいいなあ・・・なんて。

結局、息子と1つづつ食べました。むふ、美味しい♪

さて、ソフトを食べてると、いろんな人と目が合いまして。

次の瞬間にはその、目が合った人がソフトクリームを手にしてる。

また、別の人と目が合う。
また、その人がソフトクリームを買ってきて食べ始める・・・。


結局、私と息子が口火を切ったスキー場でのソフトクリーム、
一時は11人が食べている状態に。大盛況ですね。

いや、ほんとに、お世辞抜きでおいしかった。
○○牧場の○○が、ど忘れしちゃってわからないんですが。
ブランシュたかやまスキー場の中で食べられるソフトクリームです。

さて、亭主と娘は、大変精力的にザシザシ滑ってまして、
この日、完全別行動でした。

夜はうちの亭主、久々筋肉痛だと言っておりました。
お世話になった、ラ・フォンテーヌ・アルジャンテのみなさん
とっても美味しいビーフシチューご馳走様でした。


息子のクリスマスプレゼント
小4になった息子は、サンタさんを信じるか、信じなくなるかの
微妙なお年頃。

12月になったばかりの頃に、クラスの女の子のママからきいたところ、
ある女の子がみんなの前で、
「サンタさん信じてるなんて、チョー笑える! 
 あんなのまだ信じるやつって、最悪~!!」

といったそうです。

クラス中もう、がっかりのしらけムード。

息子も相当がっかりしたようで、
20日になってもサンタさんへのお手紙を書こうとしませんでした。

それでも、書くように促したら、
「マンチェスターシティのユニフォームください。
 ホームでなく、サブユニフォームです。」

と、書いてきました。

え、マンチェスターユナイテッドではなく
マンチェスターシティ?? マイナーどころだなあ。

日にちが無いので、ネットで探してみました。が、
マイナーで、なおかつサブユニなのでかなり難航。

でも、みつけて、すぐ配送してくれるところへ発注完了。

翌21日には配送完了しましたのメールもきて安心。
都内だから、22日には届くかなあ。遅くても23日には・・・。

ところが22日も23日も音沙汰無く・・・
とうとうイブの朝を迎えてしまいました。かなりあせり模様。

でもなんとか24日の昼前に配送業者さんが、
「すみません、配送が多くて、昨日配達のが遅れまして・・・。」と
わびながら、持ってきてくれました。

息子はサッカーに行ってるし、その間に中身を確認して、
ラッピングもして、なにくわぬ顔でかくしておきました。

16時からはNORADのサンタレーダーで
サンタさんを追跡し、サンタさんはやっぱりいる!という
雰囲気を味わい、息子はサンタさんをとても楽しみに寝ました。

翌朝6時、いつもより早起きの息子が喜んだのは言うまでもありません。

8時にはサッカー仲間の友達に電話をかけて、
「プレゼント何もらった? え、マンU? 
じゃ、それきて、学校の校庭で自主トレしようぜ」と言って
出て行きました。

かわいい小学生男子。来年も夢見てておくれ。





Copyright © bazilの今日の出来事あれこれ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。